~木・百年の想い~
ウッド・アート・スタジオ

0120-64-2377

受付/10:00~1800 定休日/水曜日

TOP 〉住まいの実例集
住まいの実例集
全ての施工例
あぐらの家
あぐらの家
落ち着いた和風居酒屋との店舗併用住宅です。住居部分は、プライバシーを確保した2階リビング。勾配天井とデッキバルコニーを作り、空間をより広く、より快適に感じられるように工夫しました。店舗部分は、木、石、竹、草といった自然のものを使い、落ち着いた和の雰囲気を演出しています。
WoodsArtの家
泉田の家
泉田の家
「外観はシンプルに」をテーマにグレーのガルバリウムで施工。玄関部分にチャネルのレッドシダーでアクセント。玄関に入ると造作の階段と坪庭があり、開放感を演出しています。2階のキッチンはスチールと木でスッキリなウッドワンの「KUROMUKU」。リビング上部は勾配天井にし、玄関辺りで使用したレッドシダーで統一感を出しています。リビングつながりのダイニングの上部はロフトにしています。
WoodsArtの家
三角屋根のcafe
三角屋根のcafe
今回ご紹介する施工事例は、まるでスイスの山小屋のような家です。真っ白な三角屋根、木張りの壁。アンティークの扉。今にも中からハイジとおんじの笑い声が聞こえてきそうです。
WoodsArtの家
平屋の家
平屋の家
海外暮らしを経験したお施主様。やっぱりご実家のような和のお家が落ち着くと、当初から瓦屋根の平屋の和のお家と決めていらっしゃいました。「夏は縁側でスイカを食べたり、冬は薪ストーブでピザを焼きたい!」なんて夢を語って下さった時、その家を想像してワクワクしたものでした。30坪の平屋のお家は威風堂々。素敵な和のお家になりました。焼杉の腰壁と漆喰のコントラストが鮮やか。杉の無垢の床材は柔らかく、ご家族を優しく包み込みます。
WoodsArtの家
真伝の家
真伝の家
今回ご紹介する施工事例は、高台に聳え立つ、眺めの良いお家です。 閑静な住宅街を登っていくと、黒のガルバリウムとレッドシダーの外壁が印象的な家が姿を現します。
WoodsArtの家
lichtの家
lichtの家
大波と小波 2種類のガルバリウム鋼板を縦張りと横り、異なる張り方にすることで、同じ素材・同じ色でも表情を作り出す建築家の腕。そこに、アクセントの打ちっぱなしRCの壁が重厚感をもたらします。  リビングには、なんと土間と薪ストーブが。土間は、蓄熱作用が高く、吹き抜けから土間に当たる直射光が土間を温め、天気の良いときは、暖房がなくても快適です。夏場は、深く出た軒が直射光をさえぎり、ひんやり冷たい土間がまた気持ちいい。自然の力を有効活用するパッシブデザインの考え方には、土間は、とても重要な役割を果たしています。  無塗装のナラの床材・土間・薪ストーブ、そして、シンプルに作ったTVボード側の棚がオシャレな空間を作り上げます。
WoodsArtの家
暖炉スペースのある家
暖炉スペースのある家
「かっこいい」をコンセプトにお家づくりを始めました。黒いガルバリウムのスタイリッシュなお家の玄関を入ると、目の前には広く土間が広がり、天井のレッドシダーでさらに奥行き感を増しています。その先にはペレットストーブが目に飛び込んできます。土間からの熱も加わり、ほっと暖かい暖炉スペースが1階にあります。2階に登れば、面白い空間のLDKがあります。キッチンに立つ奥様と座っている家族と目線が合うよう床に段差がそれぞれつけてあり、どこにいても目線を合わせてお話ができる空間となっています。キッチンはご夫婦こだわりの造作キッチン。ステンレスに加工を施し、マットな落ち着いた質感に。シンク内部は、深く奥行きを取り、シンク内部にまな板を置きそのまま調理が出来る工夫が施してあります。また、目線を外へ移しLDKから広がるウッドデッキに出れば、田園の広々とした景色が飛び込んできます。ゆったりと寛げるお家になりました。
WoodsArtの家
ココナツブレンドの家
ココナツブレンドの家
路地の奥を覗けば家族の帰りを堂々と待つ「木とブルーの家」。橋を渡りレッドシダーと一体化した玄関扉を開けると、そこには大空間が広がります。「広いロフト」「勾配天井」「リビングから続くウッドデッキ」に響く子ども達の笑い声は、自然と皆に幸せを運んできます。「帰りたくなる」そんなお家が完成しました。
WoodsArtの家
coresの家
coresの家
アメリカンがお好きなご夫婦。個性あふれる住空間に仕上がったお家です。シンプルでカッコよさのある外観、印象的なナンバープレートの表札、扉を抜けると飛び込んでくる鮮やかな色の玄関。玄関廊下から見えるガレージはご主人のお城です。遊び心のある色目の子ども部屋を横目に2FのLDKへ。勾配天井にはしる木部と落ち着いた色で揃えた空間がカッコよさを引き立てています。難しい多色を上手にまとめたカッコいいお家になっています。
WoodsArtの家
品のある可愛らしい2階リビングの家
品のある可愛らしい2階リビングの家
かわい過ぎない白い外観の家。テイストを揃えた照明が、ウォールナット色の内観とあいまって明るく落ち着いた雰囲気となっています。 玄関に入ってすぐの印象的な階段、2Fに上がれば広々とした吹抜けの空間が目に飛び込んできます。気持ちのいい大きな2Fの窓にはベンチがあり、ポカポカ暖かいその場所はお昼寝にピッタリ。見えないところには良く乾く物干しスペースも。ベランダはウッドデッキが張られLDKにプラスして広く感じられます。ロフトはご主人の隠れ家。明るいご夫婦の雰囲気が出たお家です。
WoodsArtの家
平板葺の家
平板葺の家
将来、介護もできる様にと、お父様の動線計画も考慮して設計されたお家です。人の気配を感じとれる吹抜けの窓は、2階まで繋がっていて、開放感があり、それでいて近隣からの視線を遮る壁があり、居心地の良い空間を醸し出しています。 2階には、岡崎の花火が見える様、バルコニーから階段を上がると花火の鑑賞を楽しむことができるスペースを造りました。主寝室はバルコニー下を利用しての小屋裏的なスペースがあり、居住空間+大収納を装備。動線にはパントリー、カウンター形式のカップボードと使い勝手も重視しています。
WoodsArtの家
REAL〜komadoのいえ〜
REAL〜komadoのいえ〜
お母様とご夫婦、お子様1人の二世帯住宅です。 お互いのプライバシーを確保するため、まず、お母様のお部屋まで玄関からリビングを通らずに入れるようにしました。趣味である習字を楽しむために、隣の客間と一体になるようにしています。お母様のお部屋の近くにトイレ、洗面、お風呂を配置。水廻りは二世帯共有なので、動線を考えキッチンも使い易い位置に。お母様と奥様一緒に料理を作れるようにゆとりのある広さ、大きめのカップボード、パントリーを設置。対面式なので、リビングの様子もよくわかります。リビング階段は有効活用して収納量も確保。2階にはご主人の書斎、奥様の為のカウンターとご夫婦のプライベートスペースは大事にしつつ、リビングの吹抜けを介して1階とのつながりをもたせた。前面道路は南面にあり、人や車通りが多いため木格子により外からの視線を遮った。但し、ウッドデッキにより空間の広がりを、吹抜けにより採光は十分得られる。
WoodsArtの家
 
 2  3  4  5  6 
ウッドアートスタジオ

0120-64-2377

 

お気軽にお問い合わせください。

 メールでのお問い合わせ・資料請求

<プライバシーポリシー>

Instagram       Facebook

ウッドアートスタジオ株式会社
〒444−0076
 愛知県岡崎市井⽥町字稲場2-1 
受付/10:00~18:00 定休日/水曜日

サイトマップ