~木・百年の想い~
ウッド・アート・スタジオ

0120-64-2377

受付/10:00~1800 定休日/水曜日

TOP 〉住まいの実例集
住まいの実例集
全ての施工例
茶室の家
茶室の家
築30年ほどのマンション。1区画をフルリノベーションしました。お施主様がご夫婦とも茶道を嗜まれるということで、和室ではなく茶室という空間をご提案したところ気に入ってもらい実現しました。 従来のマンションのイメージとは違う、住む人に適した間取りと内装。二重サッシにすることで温熱環境も改善しています。さらに通風計画もしっかりと計算されており、窓を開けると心地よく風が通り抜けます。
マンションリフォーム
御油の平家
御油の平家
まるでワンルームのような無駄のない平屋建ての住まい。LDKを中心に水廻り、寝室、収納、和室、ロフトが繋がり、何処にいても互いの気配を感じることが出来ます。現在のライフスタイル、将来のライフスタイル、しっかり計画された間取りです。
WoodsArtの家
スキップ玄関の家
スキップ玄関の家
黒いガルバリウムの外観に木のアクセントが映える外観です。玄関ポーチ部分の雨よけは袖壁もついており、雨風でも濡れにくいようになっています。敷地は道路面が一番高く、南に行くほど下がっています。その敷地条件を活かす為スキップフロアを採用しました。玄関を中2階に設定し、半階下がりLDK、半階上がり個室など、玄関からは半階下がっているLDKまで視線が通らないのでプライバシーが守られます。
WoodsArtの家
SABONの家
SABONの家
南垂れの丘の上に建つ二階建ての家。お施主様の要望と敷地の特徴を最大限に活かす為、二階リビングとしました。一番の見所といえば、階段の吹き抜け部分の板張りの壁。木そのものの淡い色味を活かす為、ソープフィニッシュと呼ばれる石鹸塗料を採用しました。造作キッチンは奥様のご要望をたっぷりと詰め込み、収納力も十分にカバーしたデザインとなっています。2階リビングで、窓の多い設計にしたことで、どんな時間帯でも光を取り入れ、一日を通して家族の集う場にさまざまな表情のLDK空間を生み出してくれます。
WoodsArtの家
chou chou house
chou chou house
トランジショナルをコンセプトにしました。トランジショナルとは、伝統的なスタイルと現代的なスタイルを融合させたもの。南に広がる山林へのロケーションを活かした大開口。個室以外を一体の空間でつなげ空間の広がりを演出しました。
WoodsArtの家
紡ぐ家
紡ぐ家
間取りも大きく変え、2世帯として生まれ変わったお家。1階は家族の集まる空間として、設計士のデザインとお施主様のご要望を詰め込み、網代天井や板張りの天井、建具一つ一つにもこだわりました。2階は解体して現れた大きな梁を見せる設計にしたことで、奥行きのある開放的な空間に生まれ変わりました。
戸建てリフォーム
Ebonyの家
Ebonyの家
広大な土地に、強さを感じる見た目、その中にも素材の温かみを感じる黒檀(Ebony)の建物。シンプルでいて、何気に小技が光る外観。赤い玄関ドアを開けた瞬間、和の木の温もりを感じるLDK。床はナラの無垢材に、程良く着色し古民家風に。造作で纏められたキッチンや、使い勝手の良いサニタリー。壁は漆喰で仕上げていて、これこそ和洋折衷という言葉がピッタリくる内装です。
WoodsArtの家
ash house
ash house
LDKに溶け込ませた広い玄関土間と、リビングから外へと続くレッドシダーの天井にすることで、内と外に繋がりを持たせました。
WoodsArtの家
五ヶ丘の家
五ヶ丘の家
閑静な住宅街に建つ趣味を楽しむ家。お家づくりの一番のご要望は”卓球場のある家”でした。1階に作った卓球スペースで、お休みの日はご夫婦で趣味の卓球を楽しんでいます。勾配天井で開放感のある2Fリビングはキッチンとタイルの”緑色”がアクセントになっています。畳スペースを中心にすることにより、家族が集まり寛げるリビングになりました。
WoodsArtの家
百々町の平屋
百々町の平屋
小高い丘の中腹にある変形地に建つ平屋の家。視線の抜ける東側に大きな開口を設け、光と風を取り込むリビングには本格的なホームシアターを備え付け、至福なひとときを過ごすことが出来る。また、回遊できる動線などご夫婦の想いが詰まったおうちになりました。
WoodsArtの家
garageの家
garageの家
ガレージを車をただ置いておく空間にしたくない。時に車をいじったり、時にコーヒーを飲みながら車を眺めたり、ガレージ+寛げる空間というのが計画当初からのコンセプトでした。その結果、第2のリビングと化したガレージはお施主様の夢のお城です。
WoodsArtの家
大きな吹抜けのある開放的な家
大きな吹抜けのある開放的な家
大きな吹抜けの天井には梁、アクセント壁には床と同じ板を張って空間の広がりを感じます。生活感の出やすいキッチンは壁で囲み、カフェ風にオシャレに仕上げました。
WoodsArtの家
 
 1  2  3  4  5 
ウッドアートスタジオ

0120-64-2377

 

お気軽にお問い合わせください。

 メールでのお問い合わせ・資料請求

<プライバシーポリシー>

Instagram       Facebook

ウッドアートスタジオ株式会社
〒444−0076
 愛知県岡崎市井⽥町字稲場2-1 
受付/10:00~18:00 定休日/水曜日

サイトマップ