~木・百年の想い~
ウッド・アート・スタジオ

0120-64-2377

受付/10:00~1800 定休日/水曜日

TOP 〉住まいの実例集
住まいの実例集
ガレージ・坪庭のある家
ガレージ・坪庭のある家
広々としたガレージは、内壁に貼った木がアクセントになっています。 玄関から見える坪庭は日本庭園のようです。和室には綺麗な白い石を敷き、落ち着いた雰囲気に。床に段差を付けたピットリビングは自然に人が集まりやすく、家族や友人との団欒が楽しめる場所です。モールテックスのキッチンは無骨なのにどこかぬくもりがある仕上がりが魅力。広いウッドデッキでは、子供たちが伸び伸びと遊べる空間になっています。
WoodsArtの家
大きな吹抜けのある家
大きな吹抜けのある家
既存の母屋を解体し、二世帯住宅を新築。思い出や愛着のある母屋の建材の一部を再利用し、玄関の框、床材に使用しました。木の特性でもある経年変化を感じる玄関です。大きな吹抜けのあるLDKは開放的な空間です。どこの場所からでもお庭を眺められるよう配置。時間をゆっくり過ごせる空間です。外と内を融合させるテラスは、ゆっくりと時の流れを感じられる場所になっています。匠の技が光る真壁和室は、職人の技が光ります。
WoodsArtの家
Hyggeの家
Hyggeの家
狭小地の家にお施主様のこだわりをたくさん盛り込みました。外壁に木製パネルをアクセントに入れ、センスの光る外観。リビングの窓際のベンチ、タイルがかわいい洗面、トイレの壁紙やタオル掛けなど細部までこだわりました。デンマーク語で「居心地がいい空間」や「楽しい時間」のことを指す「ヒュッゲ」。日常のおうち時間をゆっくり楽しめるヒュッゲなお家です。
WoodsArtの家
playful house
playful house
家の中でワクワク、ドキドキする空間に。家の中で家族みんなが過ごす時間が特別なものになるように、この家を計画しました。LDKから繋がる各部屋、家族がどこにいても家族の存在を感じられる家になりました。
WoodsArtの家
陽のあたる家
陽のあたる家
ダークトーンやグレイッシュな色の素材を多用した外観内観、スタイリッシュな印象のお家。同じ色のガルバリウムの外壁だが、場所によって張り方を変化させ隠れたお洒落感は高級な服飾のよう。内観は全館空調を採用しているため、大きな空間演出を可能としています。
WoodsArtの家
塗壁の家
塗壁の家
どこか懐かしさを感じる、様々な素材を取り入れました。外壁のそとん壁、内装の漆喰、モールテックス、小物には真鍮、銅、ステンレスなどを空間によって使い分けることで、ご夫婦好みの昭和レトロな空間を生み出しました。経年美化で、いつまでも違った表情が楽しめるお家になっています。
WoodsArtの家
宮石の家
宮石の家
家づくりのテーマ「山小屋のような面白い家にしたい」を元に打ち合わせを進めていき、シンプルな正方形の箱に大きな三角屋根を乗せた家となりました。シンプルな箱の中には、吹抜けで繋がるLDKとキャットウォーク、遠景と日向ぼっこを楽しめる窓ベンチ、将来、子供の成長に合わせて自由にレイアウト出来る大きな子供部屋など楽しめる要素を取り入れました。
WoodsArtの家
御油の平家
御油の平家
まるでワンルームのような無駄のない平屋建ての住まい。LDKを中心に水廻り、寝室、収納、和室、ロフトが繋がり、何処にいても互いの気配を感じることが出来ます。現在のライフスタイル、将来のライフスタイル、しっかり計画された間取りです。
WoodsArtの家
スキップ玄関の家
スキップ玄関の家
黒いガルバリウムの外観に木のアクセントが映える外観です。玄関ポーチ部分の雨よけは袖壁もついており、雨風でも濡れにくいようになっています。敷地は道路面が一番高く、南に行くほど下がっています。その敷地条件を活かす為スキップフロアを採用しました。玄関を中2階に設定し、半階下がりLDK、半階上がり個室など、玄関からは半階下がっているLDKまで視線が通らないのでプライバシーが守られます。
WoodsArtの家
SABONの家
SABONの家
南垂れの丘の上に建つ二階建ての家。お施主様の要望と敷地の特徴を最大限に活かす為、二階リビングとしました。一番の見所といえば、階段の吹き抜け部分の板張りの壁。木そのものの淡い色味を活かす為、ソープフィニッシュと呼ばれる石鹸塗料を採用しました。造作キッチンは奥様のご要望をたっぷりと詰め込み、収納力も十分にカバーしたデザインとなっています。2階リビングで、窓の多い設計にしたことで、どんな時間帯でも光を取り入れ、一日を通して家族の集う場にさまざまな表情のLDK空間を生み出してくれます。
WoodsArtの家
chou chou house
chou chou house
トランジショナルをコンセプトにしました。トランジショナルとは、伝統的なスタイルと現代的なスタイルを融合させたもの。南に広がる山林へのロケーションを活かした大開口。個室以外を一体の空間でつなげ空間の広がりを演出しました。
WoodsArtの家
Ebonyの家
Ebonyの家
広大な土地に、強さを感じる見た目、その中にも素材の温かみを感じる黒檀(Ebony)の建物。シンプルでいて、何気に小技が光る外観。赤い玄関ドアを開けた瞬間、和の木の温もりを感じるLDK。床はナラの無垢材に、程良く着色し古民家風に。造作で纏められたキッチンや、使い勝手の良いサニタリー。壁は漆喰で仕上げていて、これこそ和洋折衷という言葉がピッタリくる内装です。
WoodsArtの家
 
 1  2  3  4  5 
ウッドアートスタジオ

0120-64-2377

 

お気軽にお問い合わせください。

 メールでのお問い合わせ・資料請求

<プライバシーポリシー>

Instagram       Facebook

ウッドアートスタジオ株式会社
〒444−0076
 愛知県岡崎市井⽥町字稲場2-1 
受付/10:00~18:00 定休日/水曜日

サイトマップ