Instagram
~木・百年の想い~
ウッド・アート・スタジオ

0120-64-2377

受付/10:00~18:00 定休日/水曜日
TOP 〉住まいの実例集
住まいの実例集
東山の家
東山の家
2世帯住宅では一見珍しいスキップフロアの間取りは、家族各々のプライバシーの確保と、繋がりをバランス良く考えてのこと。ダイニングの下がスキップフロアとなっており、高低差を利用した地下室へ家族分の荷物はスッキリと収納。空間が無駄なく活用され、大家族には嬉しい造りです。内装はリゾートのようにゆったりとした雰囲気に仕上げられています。大開口のLDKの窓は庭だけでなく空を眺めるゆとりの時間をもたらしてくれました。また飾り棚、ピクチャーレールなど生活が楽しくなるような細やかな工夫や、愛犬に配慮したリビングの土間スペースも魅力的です。
WoodsArtの家
桧かおる木の質感が気持ちいい明るいリフォームの家
桧かおる木の質感が気持ちいい明るいリフォームの家
昔ながらの立派な日本家屋のリビングをリフォーム。暗いリビングをどうにか明るく晴れやかなお部屋にして頂きたいとご要望を頂き、桧の匂いにゆったり癒されるLDKにさせて頂きました。ご趣味の写真や本、またキッチン周りの収納など、場所場所で定位置を作り、片づけのし易い空間への工夫もさせて頂いております。ご夫婦の明るい雰囲気がそのままお部屋の「色」となりました。
戸建てリフォーム
あぐらの家
あぐらの家
落ち着いた和風居酒屋との店舗併用住宅です。住居部分は、プライバシーを確保した2階リビング。勾配天井とデッキバルコニーを作り、空間をより広く、より快適に感じられるように工夫しました。店舗部分は、木、石、竹、草といった自然のものを使い、落ち着いた和の雰囲気を演出しています。
WoodsArtの家
焼杉のアクセント壁と濃紺のガルバの壁が青空に映える片流れ屋根の家
焼杉のアクセント壁と濃紺のガルバの壁が青空に映える片流れ屋根の家
完成現場見学会へ何度も足を運んで頂いたお施主様ご夫妻。その中で、2階リビングに魅せられて、早い段階から2階リビングと決定されていました。2階リビングならではの屋根に沿った勾配天井が作り出す開放的な空間と、2階からの眺めが毎日の暮らしを豊かに彩ります。
セミオーダー型注文住宅
黒ガルバの無骨な外観、漆喰、モルタル、アイアン、足場板のラフな男前インテリアの家
黒ガルバの無骨な外観、漆喰、モルタル、アイアン、足場板のラフな男前インテリアの家
美容室を経営するオーナー夫妻。美的感覚が高く、家づくりへのこだわりも人一倍。  豊橋の 雑貨・園芸店garage が好きなご主人は、garageのような、そして、ジャーナルスタンダードファニチャーの家具が似合うリビングにしたい!というご要望でした。garageの店内は、モルタル・アイアンの男前インテリア。壁が全部モルタルでもいい!と言うくらいの惚れ込みぶり。こうして、男前インテリアの家づくりがはじまりました。  内壁・天井は総漆喰。アクセントにモルタル仕上げ。ボルダーパインの無垢の床材。アイアンと足場板の無骨な棚。さらに、モルタル仕上げの造作洗面化粧台。アイアンのオープン階段。  奥様も、もちろん、オシャレな家づくりを大切にしていましたが、仕事をしながら家事をこなす奥様にとっては、家事動線もゆずれない重要な要素でした。1階ですべての家事が完結する間取り。キッチンからすぐに出入りができる、1.5坪の洗面脱衣室。雨の日は、室内干しもできるスペースです。そして、キッチンに隣接したファミリークローゼット。家族の服は全部まとめてファミリークローゼットへ!洗濯物を1階ウッドデッキに干し、乾いたら、ハンガーのまま、ファミリークローゼットにかけるだけ!楽じゃないですか?  オシャレで家事楽動線が両立した素敵なお家です。
セミオーダー型注文住宅
泉田の家
泉田の家
「外観はシンプルに」をテーマにグレーのガルバリウムで施工。玄関部分にチャネルのレッドシダーでアクセント。玄関に入ると造作の階段と坪庭があり、開放感を演出しています。2階のキッチンはスチールと木でスッキリなウッドワンの「KUROMUKU」。リビング上部は勾配天井にし、玄関辺りで使用したレッドシダーで統一感を出しています。リビングつながりのダイニングの上部はロフトにしています。
WoodsArtの家
三角屋根のcafe
三角屋根のcafe
今回ご紹介する施工事例は、まるでスイスの山小屋のような家です。真っ白な三角屋根、木張りの壁。アンティークの扉。今にも中からハイジとおんじの笑い声が聞こえてきそうです。
WoodsArtの家
平屋の家
平屋の家
海外暮らしを経験したお施主様。やっぱりご実家のような和のお家が落ち着くと、当初から瓦屋根の平屋の和のお家と決めていらっしゃいました。「夏は縁側でスイカを食べたり、冬は薪ストーブでピザを焼きたい!」なんて夢を語って下さった時、その家を想像してワクワクしたものでした。30坪の平屋のお家は威風堂々。素敵な和のお家になりました。焼杉の腰壁と漆喰のコントラストが鮮やか。杉の無垢の床材は柔らかく、ご家族を優しく包み込みます。
WoodsArtの家
真伝の家
真伝の家
今回ご紹介する施工事例は、高台に聳え立つ、眺めの良いお家です。 閑静な住宅街を登っていくと、黒のガルバリウムとレッドシダーの外壁が印象的な家が姿を現します。
WoodsArtの家
男のあこがれ ガレージを実現した 外壁総漆喰の真っ白い家
男のあこがれ ガレージを実現した 外壁総漆喰の真っ白い家
男のあこがれ、「秘密基地」を実現したガレージの家。 車いじりも、趣味の自転車整備も、ここなら思いのまま。居室から直接つながり、いつでも秘密基地へ!また、ガレージと主寝室の間にはミニ書斎があり、大好きなカメラの整備もここでできます。ご主人の趣味を余すところなく生かしたお家。 さらに2階リビングは、広々とした空間に、フリースペース、ロフトと遊び心のある、家族の居場所がたくさんある、自然と家族が集まりたくなる居心地のよい空間になりました。
セミオーダー型注文住宅
lichtの家
lichtの家
大波と小波 2種類のガルバリウム鋼板を縦張りと横り、異なる張り方にすることで、同じ素材・同じ色でも表情を作り出す建築家の腕。そこに、アクセントの打ちっぱなしRCの壁が重厚感をもたらします。  リビングには、なんと土間と薪ストーブが。土間は、蓄熱作用が高く、吹き抜けから土間に当たる直射光が土間を温め、天気の良いときは、暖房がなくても快適です。夏場は、深く出た軒が直射光をさえぎり、ひんやり冷たい土間がまた気持ちいい。自然の力を有効活用するパッシブデザインの考え方には、土間は、とても重要な役割を果たしています。  無塗装のナラの床材・土間・薪ストーブ、そして、シンプルに作ったTVボード側の棚がオシャレな空間を作り上げます。
WoodsArtの家
外壁漆喰 純白のかわいらしいお家
外壁漆喰 純白のかわいらしいお家
内・外壁 そして天井が総漆喰の白い家。炭酸カルシウムを主原料とする漆喰は劣化に強く、昔から愛用されている建材です。調湿効果や臭いを吸着する効果を持ち、室内を爽やかな空気で満たしてくれます。漆喰の白と、レッドパインの柔らかな雰囲気が住む人をいつまでも優しく包みます。
セミオーダー型注文住宅
 
 1  2  3  4  5 

ウッド・アート・スタジオ

フリーダイヤル0120-64-2377
Facebook
Instagram
© WoodsArtStudio. All Rights Reserved.