top of page

茶室の家

愛知県岡崎市



コンクリートの梁と茶室のギャップが、互いを引き立てる


築30年ほどのマンション。1区画をフルリノベーションしました。お施主様がご夫婦とも茶道を嗜まれるということで、和室ではなく茶室という空間をご提案したところ気に入ってもらい実現しました。従来のマンションのイメージとは違う、住む人に適した間取りと内装。二重サッシにすることで温熱環境も改善しています。さらに通風計画もしっかりと計算されており、窓を開けると心地よく風が通り抜けます。






Kommentarer


bottom of page