愛知県岡崎市・豊田市・安城市の注文住の工務店「ウッドアートスタジオ」安心をデザインする

愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

~構造計算、地盤調査・地盤補強、保証に関して~〈Design4〉

見た目を重視すれば、やはり目に見えない部分はないがしろにされていきます。
お客様のご要望に安心、安全な内容が薄かったとしても、当社では信頼のおける調査や保証、構造計算書を必ず発行し国の基準を大きく上回る内容である事をお客様とともに確認します。


構造計算に関して

着工する前に構造計算を行います。 まず一つ目行うものが【壁量計算】です。

【壁量計算について】


建物は規模に応じて、耐力壁が必要です。
耐力壁とは、地震や風からの揺れに抵抗する壁です。   
計画している住宅の壁の量や大きさによって変わってくるため、その都度計算が必要になります。
計算により必要耐力壁量を求め、実際にはその結果を上回る量の耐力壁を確保し、より安全側へと導いていきます。
ウッド・アート・スタジオでは外壁部に構造用面材を貼りさらに筋交いを入れています。
壁量計算により必要耐力壁量を算出し、揺れに抵抗できる強さを考えていきます。

【偏心率計算について】


壁量計算を行った後は、耐力壁がバランスよく配置されているか確認します。

まず耐力壁はやたらたくさんつくれば良いというものではありません。   
片方に偏ることなくバランスよく配置することが大事になってきます。   

その偏りを無くすために偏心率の計算を行います。   
すべての建物には重心が存在します。
耐力壁を配置していくと剛心という建物強さの中心がでます。
この剛心と重心の差を偏心と言います。   
偏心率は0.3以下であることと建築基準法で定められており、さらに0.15以下であるとなお良しとされています。

ウッド・アート・スタジオでは0.15以下を目指し耐力壁の配置を考えています。

【金物計算について】


壁量計算と偏心率を計算した後は、金物計算を行います。   
ここでいう金物とは、柱と土台をつなぐ接合金物のことをさします。   
風や地震からの揺れを受ける壁、その壁を支える柱には大きな引抜力が働きます。   

一般的に接合部は引っ張られる力が苦手です。   
そのため接合金物で補強し緊結します。   
力がかかる大きさによって金物の種類も変わってくるため、耐力壁の配置を 検討してから金物計算を行います。   

【結果】

以上全てのことを行い、デザインだけではない安全で快適な住宅をつくっていきます。
「地盤調査・地盤補強」

SDS試験

01 ボーリング調査に匹敵する制度で土質判定
従来のSWS試験ではわからない「土質」がわかる画期的な試験法です。

SDS試験とは、地盤の土質をより正確に判断し、的確な地盤評価を支援するための試験法です。従来のSWS試験では判定できなかった詳細な土質(ローム・砂質土・粘性土・腐植土・盛土)の判定を可能にしました。特許技術として、一般財団法人ベターリビングの建設技術審査証明を取得しています。

ボーリング調査に匹敵する

02 土質がわかれば、コストダウンにも貢献
SDS試験は、土質を判定できるので、地盤事故の低減に貢献するとともに、良質地盤で杭を打つといった過剰設計(補強工事)の低減によりコストダウンにもつながります。

コストダウンにも貢献

03水位測定を併せて行えば、液状化リスク調査も可能!
液状化の影響度は、土質、土の締まり具合、水位の高さで判定されます。※小規模建築物基礎設計指針簡易判定法

液状化リスク調査も可能!
SDS試験3つのポイント

「新築住宅かし保険:JIOわが家の保険」
ウッド・アート・スタジオは、JIOわが家の保険の届出・登録事業者です。

保険のしくみ
新築住宅を供給した事業者が住宅瑕疵担保責任に基づき修補を行い、JIOは補修費用の一定割合を保険金としてお支払します。
保険の名称
保険の対象となる基本構造部分
保険期間
保険期間は、原則として10年ですが、共同住宅(分譲)は引渡し日により多少増減します。
保険金をお支払いする場合

  • 対象住宅の基本構造部分の瑕疵に起因して、対象住宅が基本的な構造耐力性能または防水性能を満たさない場合に住宅事業者が住宅取得者に対し瑕疵担保責任を履行することによって生じる損害について保険金をお支払いします。

  • 対象住宅に事故が発生した場合において、住宅事業者が倒産等により相当の期間を経過してもなお瑕疵担保責任が履行できない場合は、JIOは住宅取得者からの請求に基づいて住宅取得者に対し直接保険金をお支払いします。この場合、JIOがお支払いした保険金は住宅事業者に対して支払われたものとみなします。
お支払いする保険金の内容と保険金のイメージ

■お支払いする保険金の内容
お支払いする主な保険金は次のとおりです。それぞれ事前にJIOの承認が必要です。

(1)修補費用 材料費、労務費等の事故を修補するために直接必要な費用または修補に代わる損害賠償金
(2)仮住居費用・転居費用 対象住宅の居住者が事故の修補のために住宅の一時的な移転を余儀なくされたことによって生じる仮住居費用および転居費用
(3)損害調査費用 対象住宅に事故が発生したことにより修補が必要となる場合に、修補が必要な範囲、修補の方法や金額を確定するための調査に必要な費用
(4)求償権保全費用 保険金の支払対象となる損害が発生し、住宅事業者が他人に損害賠償の請求ができる場合に、その権利を保全する手続きを行うために必要な費用

JIOが事前に必要かつ妥当と認めた費用をお支払いします。
ただし、「故意・重過失特約」により保険金をお支払いする場合は、(1)(2)(3)の費用が対象となります。
住宅取得者の直接請求により保険金をお支払いする場合は、(1)(2)(3)の費用が対象になります。
■保険金支払額
保険金の支払限度額について

■お支払いする保険金の内容

項目 限度額
「1住宅」または「1住戸」あたりの限度額
(保険期間につき)
2,000万円
(戸建住宅はオプションで3,000万円、4,000万円、5,000万円のコースもあります。)

・住宅取得者が宅地建物取引業者である場合を除いて、「故意・重過失特約条項」が付帯されます。
住宅事業者の倒産等の場合は故意・重過失損害に対して2,000万円を限度にお支払いします。
・2号保険の共同住宅の場合、1住棟が150戸(1住戸あたりの限度額2,000万円×150戸=30億円)を超える場合でも1住棟あたりの支払限度額は30億円です。

●次の費用については「1回の事故」あたり下記の記載金額を限度とします。

項目 50万円(1住宅または1住戸あたり)
損害調査費用 戸建住宅
(1住宅あたり)
50万円または修補金額の10%のいずれか小さい額
ただし、修補金額が100万円未満で調査費用が10万円以上の場合は10万円
共同住宅
(1住棟あたり)
200万円または修補金額の10%のいずれか小さい額
ただし、修補金額が100万円未満で調査費用が10万円以上の場合は10万円

※故意・重過失損害が生じ住宅事業者の倒産等の場合には、仮住居費用・転居費用および損害調査費用については、それぞれ上記下線部の金額を保険期間を通じての支払限度額とします。
■共同住宅の共用部分に対するお支払いについて

共同住宅の中に保険の対象とならない住戸等がある場合、その共同分譲住宅の共用部分(共同賃貸住宅の場合はみなし専有部分*1以外の部分)に生じた損害については、上記「お支払いする保険金の内容と保険金のイメージ」に記載している(1)、(2)、(4)の費用に保険付保割合*2を乗じてお支払いします。

*1みなし専有部分とは、共同賃貸住宅において、共同分譲住宅であったとした場合の専有部分に相当する部分( 住戸)をいいます。
*2この保険における保険付保割合とは、住棟全体の専有部分・みなし専有部分の床面積の合計に対する保険の対象となる住戸の専有部分・みなし専有部分の床面積の合計の割合をいいます。

共同住宅の共用部分に対するお支払いについて

保険金をお支払いできない場合

●次に掲げる事由により生じた損害に対しては保険金をお支払いいたしません。

  • 住宅事業者、住宅取得者の故意または重大な過失
  • 対象住宅の著しい不適正使用( 住宅設計・施工基準を上回る負荷により生じた損害または用途変更を含みます。)または著しく不適切な維持管理( 定期的に必要とされる修繕を怠った場合を含みます。)
  • 洪水、台風、暴風、暴風雨、竜巻、豪雨等の自然現象または火災、落雷、爆発、暴動等の偶然または外来の事由または重量車両、鉄道等の通行による振動等
  • 土地の沈下・隆起・移動・軟弱化・土砂崩れ、土砂の流入または土地造成工事の瑕疵
  • 地震もしくは噴火またはこれらによる津波
  • 対象住宅の虫食い もしくはねずみ食い、対象住宅の性質による結露または瑕疵によらない対象住宅の自然劣化
  • 瑕疵に起因して生じた傷害、疾病、死亡、後遺障害や対象住宅以外の財物の滅失もしくは き損または対象住宅や財物の使用の阻害
  • JIOまたは住宅事業者が不適当であることを指摘したにもかかわらず、住宅取得者が採用させた設計・施工方法もしくは資材等の瑕疵
  • 対象住宅に関する請負契約または売買契約締結時において実用化されていた技術では予防することが不可能な現象
  • 対象住宅引渡し後の増築・改築・修補の工事、またはそれらの工事部分の瑕疵
  • 対象住宅に採用された工法に伴い、通常生じうる雨水の浸入・すきま・たわみ等の事象
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動
  • 核燃料物質(使用済燃料を含みます。)もしくは核燃料物質によって汚染された物(原子核分裂生成物を含みます。)の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性
  • 石綿もしくはその代替物質またはそれらを含む製品が有する発がん性その他の有害な特性

※詳細、ご不明な点はお問い合わせ下さい。
特約条項

●この保険契約では、一部の場合を除き下記の特約が自動的に付帯されます。
  • 故意・重過失特約条項 ※住宅取得者が宅地建物取引業者の場合を除く
  • 保険料等の口座振替に関する特約条項

●この保険契約では、契約の内容により下記の特約が付帯されます。
  • 共同企業体による住宅の供給に関する特約条項
  • 分離発注による住宅の供給に関する特約条項
  • 組合施行による市街地再開発事業およびマンション建替事業特約条項
  • 共同企業体を含む分離発注による住宅の供給に関する特約条項
●この保険契約では、住宅事業者の任意でオプションとして下記の特約を付帯することができます(自動付帯はされません。)。
  • 転売特約条項
特約およびその概要

●この保険契約では、一部の場合を除き下記の特約が自動的に付帯されます。

特約条項 概要
故意・重過失特約条項
※住宅取得者が宅地建物取引業者の場合を除く
住宅事業者の倒産等の場合は故意・重過失損害に対して保険期間を通じ、2,000万円を限度に住宅取得者に対して保険金をお支払いします。
口座保険料等の口座振替に関する特約条項 保険料の収納前に発見された事故は保険金をお支払いできませんが、口座振替の方式で保険料等を払い込みいただく場合にはこの特約を適用し、保険料の収納前に発見された事故でも保険金をお支払いします。

●この保険契約では、契約の内容により下記の特約が付帯されます。

特約条項 概要
共同企業体による住宅の供給に関する特約条項 共同企業体(JV)により供給される住宅に付帯します。
JVに参加する住宅事業者が連名にて保険契約を締結し、JVの中から選定された幹事会社がJV参加全住宅事業者を代表して、保険の手続きをはじめ、事故が発生した場合の修補や保険金の請求等を取りまとめます。
分離発注による住宅の供給に関する特約条項 分離発注により供給される住宅に付帯します。分離発注に参加する住宅事業者が連名にて保険契約を締結し、全住宅事業者( 被保険者)から選定された幹事会社が保険の手続き等を行いますが、各住宅事業者が単独別個に住宅取得者に対して瑕疵担保責任を負うため、住宅取得者が事故の発見をした時には該当する住宅事業者へ連絡を行うこととなります。
組合施行による市街地再開発事業およびマンション建替事業特約条項 市街地再開発事業およびマンション建替事業に付帯します。組合が解散した日以後は、保険証券・保険付保証明書に記載されている「取得者」を「権利床取得者」に名義変更することができます。
共同企業体を含む分離発注による住宅の供給に関する特約条項 分離発注により供給される住宅で、建設工事を請け負う住宅事業者の中に共同企業体(JV)が含まれる場合に付帯し、分離発注の住宅事業者(JV参加の住宅事業者を含みます。)が連名にて保険契約を締結します。分離発注に参加する全住宅事業者(被保険者)の中から選定された幹事会社が保険の手続き等を行いますが、JVに参加する住宅事業者は、JVの中から別途JVの幹事会社を選定します。各住宅事業者は単独別個に住宅取得者に対して瑕疵担保責任を負いますが、JV参加事業者は請け負った部分について連帯して瑕疵担保責任を負います。 住宅取得者は事故を発見をした時には、該当する住宅事業者またはJVに参加する住宅事業者へ連絡をすることになります。

●この保険契約では、住宅事業者の任意でオプションとして下記の特約を付帯することができます。 (自動付帯はされません。)

特約条項 概要
転売特約条項 保険対象住宅を保険期間中に転売等により譲渡した場合、事業者が転得者 *1に対して(当初の取得者を介さずに)瑕疵担保責任の履行を任意で引き受ける場合、転売特約条項を締結することで、転得者もJIOへ直接保険金を請求することが可能となります。
保険金の支払限度額は、被保険者、第一取得者*2および転得者に支払った金額を通算して保険証券記載の保険金額を限度とします。 この特約の付帯は保険契約締結時(同時付帯)と締結後(追加付帯)のどちらでも可能ですが、付帯する前に転売されていた場合、付帯前に発見された事故には適用されませんのでご注意ください。


*1転得者:転売等により保険対象住宅を譲渡され、その住宅を所有している人
*2第一取得者:保険証券に記載された住宅取得者

住宅の長期保証に、確かな技術と「スマイノミライ」の安⼼を

スマイノミライ新築一戸建て

スマイノミライは、弊社とお客さまとの長期保証のお約束に安心を備える保証です

住宅は長期保証の時代へ

スマイノミライは最⻑60 年の⻑期保証に対応いたします

※ウッド・アート・スタジオは、「スマイノミライ新築一戸建て」の対象工務店に指定されました。

「保証概要」

スマイノミライは、お客さまと弊社との⼤切なお約束である⻑期保証をより確かなものとし、お客さまにご安⼼していただきたいと考え、採⽤することとなりました。

 

◆「今すぐに補修費⽤を捻出できない」といった弊社の都合で保証されない事態がなくなります。

 

◆ 保証対象の可能性がある事象が発⽣したときに、当社が第三者の専⾨機関に調査を依頼するため「本来は保証されるはずなのに、劣化が原因と判断されて保証されなかった」といったことが起こりません。

 

◆ ⻑期保証の期間中に、万が⼀弊社が「廃業や倒産してしまった」としても、構造や防⽔といった住宅で最も重要な部分の保証や、問い合わせの窓⼝がなくなってしまう最悪の事態を回避できます。

「保証期間」

引渡日より20年間となります。20年以降は、5年または10年の延長を繰り返すことで、最長60年の長期保証にまで対応いたします。

「保証限度額」

保証限度額は、2,000万円から5,500万円までとなります。保証限度額は建物の価格によって変動いたしますので、保証限度額をご指定いただくことはできません。

「保証対象外となるもの」
  • 劣化や自然災害等、弊社の工事の不具合が原因でない場合。
  • 弊社が、不適切であると指摘したにも関わらず住宅取得者さまが採用した工事等の場合。
  • 弊社が独自にスマイノミライの保証内容以外に保証している場合。
スマイノミライ新築一戸建て「最長60年保証システム」
最長60年
保証システム
保証延長制度
構造耐力上
主要な部分
雨水の浸入を
防止する部分
  • 6ヶ月
  • 1
  • 2
  • 5
  • 10
  • 15
  • 20
  • 25
  • 30
  • 35
  • 40
  • 45
  • 50
  • 55
  • 60
  • 初期保証 20年
  • 10年保証延長
  • 10年保証延長
  • 10年保証延長
  • 10年保証延長
  •  
  • 初期保証 20年
  • 10年保証延長
  • 10年保証延長
  • 10年保証延長
  • 10年保証延長
  •  
60年目以降もお客様のご要望に応じて住まいを見守り続けます。
安心の保険・保証
瑕疵担保
責任保険
地盤
住設機器
シロアリ保証
  • 6ヶ月
  • 1
  • 2
  • 5
  • 10
  • 15
  • 20
  • 25
  • 30
  • 35
  • 40
  • 45
  • 50
  • 55
  • 60
  • 瑕疵担保責任保険 10年
  • 地盤保証 20年
  • 設備保証10年(メーカーの規定に準ずる)
  • シロアリ保証 10年
 
永久無料点検
  • 6ヶ月点検
  • 1年点検
  • 2年点検
  • 5年点検
  • 10年点検
  • 15年点検
  • 20年点検
  • 30年点検
  • 40年点検
  • 50年点検
 
一般的なメンテナンス目安時期 ※有償工事
屋根
外壁
バルコニー
屋根材
スレート板
雨樋
プラスティック
外装材
窯業系サイディング
目地
シーリング
モルタル
リシン吹付
FRP
防水
防水
シート
  • 6ヶ月
  • 1
  • 2
  • 5
  • 10
  • 15
  • 20
  • 25
  • 30
  • 35
  • 40
  • 45
  • 50
  • 55
  • 60
  • 表面塗装
    板金塗装
  • 表面塗装
    板金塗装
  • 吹き替え
  • 表面塗装
    板金塗装
  • 表面塗装
    板金塗装
  • 吹き替え
  • 部品交換
  • 部品交換
  • 部品交換
  • 表面塗装
  • 表面塗装
  • 貼り替え
    増し貼り
  • 表面塗装
  • 表面塗装
  • 貼り替え
    増し貼り
  • 打ち替え
  • 打ち替え
  • 打ち替え
  • 打ち替え
  • 打ち替え
  • 打ち替え
  • 表面塗装
  • 表面塗装
  • 表面塗装
  • 表面塗装
  • 表面塗装
  • 表面塗装
  • 表面塗装
  • FRP
    重ね貼り
  • 表面塗装
  • FRP
    重ね貼り
  • 表面塗装
  • FRP
    重ね貼り
  • 表面塗装
  • FRP
    重ね貼り
  • 貼り替え
    (再防水)
  • 貼り替え
    (再防水)
  • 貼り替え
    (再防水)
  • 貼り替え
    (再防水)
  • 貼り替え
    (再防水)
  • 貼り替え
    (再防水)
 
メンテナンス目安時期※有償工事
設備
室内
キッチン
ユニットバス
クロス
室内ドア
  • 6ヶ月
  • 1
  • 2
  • 5
  • 10
  • 15
  • 20
  • 25
  • 30
  • 35
  • 40
  • 45
  • 50
  • 55
  • 60
  • 各機器
    点検・交換
  • 本体各機器/部品点検交換
  • キッチン
    本体交換
  • 本体各機器/部品点検交換
  • 各機器
    点検・交換
  • 本体各機器/部品点検交換
  • キッチン
    本体交換
  • 本体各機器/部品点検交換
  • 各機器
    点検・交換
  • 本体各機器/部品点検交換
  • キッチン
    本体交換
  • ユニット
    シーリング材交換
  • ユニット本体
    点検交換
  • ユニットシーリング点検補修
  • ユニット
    シーリング材交換
  • ユニット本体
    点検交換
  • ユニットシーリング点検補修
  • ユニット
    シーリング材交換
  • ユニット本体
    点検交換
  • ユニットシーリング点検補修
  • ユニット
    シーリング材交換
  • ユニット本体
    点検交換
  • 貼り替え
  • 貼り替え
  • 貼り替え
  • 貼り替え
  • 貼り替え
  • 貼り替え
  • 作業点検
    部品交換
  • 作業点検
  • 本体交換
  • 作業点検
  • 作業点検
  • 本体交換
スマイノミライ新築一戸建て「よくあるご質問」

 

スマイノミライに関するご質問

 

. スマイノミライにかかる費用を教えてください。

mirai. 一律ではなく建物の価格によって変動します。算出いたしますので事前にご相談ください。

. スマイノミライの申込みをしたいのですが。

mirai. スマイノミライは、弊社にお申込みいただきます。事業者登録をされていない事業者さまから住宅を購入される際は、スマイノミライをご利用いただくことができません。

. もし不具合が起きた時に、きちんと保証されるのか不安です。

mirai. 保証の対象となる可能性がある不具合が発生した場合は、いかなる場合であっても専門の第三者機関に調査を依頼します。当社が保証の対象となるか否かの判断をすることは一切ございませんのでご安心ください。(引渡日より10年以降)

. スマイノミライを利用できる施工会社に基準はあるのですか。

mirai. 前提としましては、すでに10年を超える長期保証を実施されていること、または実施予定であることとなります。長期保証を行うにあたっての厳しい基準を設けておりますので、真摯に取り組んでいただける施工業者のみ登録されます。また、ご登録に際して与信調査を行うこともございます。

 

弊社への長期保証に関するご質問

 

. どうして一般的に住宅の構造・防水の保証は10年なのですか。

mirai. 法律により引渡しから10年間は責任を負うと定められているからです。通常、10年を経過した後に工事が原因の不具合が発生、あるいは見つかったとしても、住宅取得者さまのご負担による補修となります。

. 10年も経過してから不具合が発生することはないと思うのですが。

mirai. 残念なことではありますが、実際には起きています。構造や防水の多くは覆われてしまうためにどうしても発見しづらく、長い時間をかけて表面化することがあります。とくに最近では、自然災害で周辺より被害が大きかったことやリフォームをすることがきっかけで、不具合が発覚するといったケースが増えています。

. 経年劣化が対象外なのはなぜですか。

mirai. 例えば賃貸住宅を退去する際に、入居者の方が経年劣化の責任を負うことはなく、それを補修するのは大家さんの役目です。それと同じように、経年劣化が起きてしまうことは事業者さまの責任ではないためです。自然現象や周辺環境による経年劣化の進行を抑えることは難しいですが、日々の使い方や定期的な清掃に気を配ることが家を長持ちさせるコツです。

. 10年を超える長期保証は必要ですか。

mirai. 家を建てるには多くの人の手が加わりますから、品質管理や検査を徹底したとしても不具合が発生する可能性がなくなることはありません。品質管理や検査に加えて保証があることはとても大切です。

. リフォームやメンテナンスを他の会社に依頼すると長期保証ができなくなると言われましたが、納得できません。

mirai. 他の会社が手を加えた場合、不具合の原因の特定や責任の所在を明らかにすることが難しくなります。電化製品を分解や改造するとメーカー保証を受けられなくことと同じとお考えください。また、新築時の施工方法を無視した工事は住宅に悪影響を与えます。さらにリフォームやメンテナンス工事の際に、新築時の不具合が発見されることもありますので、長期保証の期間中に弊社にお願いしていただくことをお勧めします。

コミュニケーションをデザインする
機能をデザインする
~木・百年の想い~
愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ">
愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ
〒444-2123 
愛知県岡崎市鴨田南町2番地15
TEL 0564-73-2377
FAX 0564-21-3623

ページトップに