愛知県岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅の工務店「ウッドアートスタジオ」のスタッフブログ

愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ
Instagram フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

職人魂

 実家で営んでいた溶接業を廃業して、5、6年経ちます。

もともと祖父が、当時住んでいた家の一画で初めた仕事です。

5人兄弟の長男だった父は、本当は進学したかったそうですが、生活のため、祖父の仕事を手伝う事にしたそうです。

もともとはきっと真面目で、職人肌だったのでしょう。

父は、早々に後を継ぎ、兄弟達の力を借り、母の支えもあり、作業場を今の場所に移し、何とか続いてきた仕事でした。

あいにく私達は三姉妹で男子に恵まれず、時代もあり、父の代で工場を閉める事になったのです。

廃業はしたのですが、工場はそのままで、知り合いの仕事関係の方が機械の保管場所として、借りてくれています。

先月からの台風と、老朽化もあり工場のトタンに穴が開いてしまいました。

大切な機械をお預かりしているので、そのまま放置しておくわけにもいかず、業者の方に修理していただく事になりました。

いずれは解体してしまわなければならない工場なので、雨風がしのげるほどの応急処置程度の修理で良かったので、簡単にふさいでもらえればいいと、両親も言っていました。

忙しい中業者の方が来てくれると、なぜか父はじっとしていられなくなり、現場をうろつき始めました。

何もできないので、大人しくお願いしておけばいいものを作業の様子をずっと見ていました。

若い作業員の方が2人で、さっさと不安定なひさしに乗り、軽々と修理をしてくれました。

職人さんはやっぱりすごいです。

困った人を助けてくれるいい人です。

自分の技術や経験で誰かの望みを叶えられる。

キビキビと働いてくれている姿は見ているこっちが気持ち良くなります。

物心ついた頃、父は作業場まで通っていたので、実際仕事をしている様子を見る機会はあまりなかったのですが、たまに工場に行って、部品を整理したり、バリ取りをしたり程度の手伝いはした事もありました。

火花が飛び交い、父の作業着は焦げ穴だらけでした。

100キロ近い鉄板が足に落ち、大けがをした事もありました。

多分私達が想像もできない、たくさんの歴史があったのでしょう。

現役はとっくに引退した父ですが、職人の血がさわぐのか、昔を思い出していたのか、邪魔だったとは思いますが、作業を見守っていた父は生き生きとした様子でした。

きれいに修理していただき、父をワクワクさせていただき、ありがとうございました。

本当に助かりました。

oh.biichan

Processed with MOLDIV

~木・百年の想い~
愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ
愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ
〒444-0076 
愛知県岡崎市井田町字稲場2-1
TEL 0564-73-2377
FAX 0564-21-3623

ページトップに