愛知県岡崎市・豊田市・安城市の注文住宅の工務店「ウッドアートスタジオ」のスタッフブログ

愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ
フェイスブック 資料請求・お問い合わせ

上高地へいってきました

 

こんにちは

 

あいにくのお天気がつづいていますね

 

明日、明後日で大型の台風が直撃だとか。。

 

私の家はすぐそばに矢作川が流れているので

毎回大荒れのお天気になると氾濫しないかソワソワします

 

氾濫したら、我が家は一瞬にして流されそう、、怖い、、

 

 

 

そんな中、今週の1日だけ雨の降らなかった水曜日、

家族で長野県の上高地へ行ってきました

 

自称晴れ女なんです私^^笑

 

 

バスで行ったので、周りに集うのはおじいちゃんおばあちゃん笑

 

みなさんとっても元気なんです

 

上高地は本当に自然を満喫するスポットなので、

格好はマウンテンパーカーとノースフェイス!!!

ご年配の方は杖!!

 

っていう方たちばかり

 

 

 

 

わたしたちのスタート地点は大きな池

↓カメラマン:弟

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

写真、加工無しでこの美しさ!

 

3年ほど前にも1度訪れているのですが、何度見てもこの景色には感動します

 

最近は、地震や自然現象で山崩れが多く、いずれこの大きくて綺麗な池も

なくなってしまうんだそう

 

悲しいですね

 

 

 

ここから約10キロ、有名な河童橋、明神橋に向かって川沿いを歩きました

 

 

 

 

誰が描いたのか分からない、素敵な絵画がポツんと現れたり

 


 

 

 

 

 

 

 

 

これから紅葉していくいろんな色をした山々

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジア人、欧米人観光客が沢山いて、にぎわっていた観光スポットの河童橋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと進むと明神橋

 


 

 

 

 

 

 

 

 

この日の前日、東京にいたフットワークの軽い私は

都会と田舎の激しいギャップにいつも以上に自然の良さを感じながら、

カメラ両手に←

リフレッシュすることができました

 

 

 

 

 

来週のブログでは、先週泊まった鎌倉のリノベーションホテルについて書こうかな

 

 

お楽しみにっ

 

 

欠陥住宅についての研修へ

 

こんにちは、小林です!

寒い日、雨の日が続きますね^^;

 

さて、先日またまた

協会主催の、欠陥住宅についての研修を受けてきました!

 

 

ものすごい業者さん&人で、今までにない雰囲気の会場。

建築業界はやっぱりまだまだ男性率がとても高い業界だなと、この研修の人数割合をみて実感しました。

ほぼ、女性はWASの社員だけではないか?と思わせるぐらいでした。

社内の女性率からすれば、WASは珍しい会社だと思います^^

 

さて、内容ですが

あってはならない欠陥住宅

ですが…人の作るものでもあるので、中には起こってしまう事もあります。

 

その失敗の共有の場といったところでしょうか。

講師の方が、そのような住宅相談を受けてらっしゃる方で

他の会社さんが起こしてしまった失敗を経緯から結論まで話してくださいました。

 

中には…某大手メーカーの失敗も度々紹介され

欠陥住宅に会社の大きい小さいもないのだなと思いました。

 

結局のところ、チェックの丁寧さ、管理の仕方、、、

根本は「当たり前」の部分なのかなとお話を聞いて、思いましたね。

 

設計という立場として

「かっこよさ」をもちろんなのですが

その前に「この形は無理をしていないのだろうか?」と

まず根本の「住む構造」を一歩踏みとどまる

そんな姿勢でいるべきかなと感じます。

 

私自身まだまだ、ベテランの設計士と比べれば

卵かやっとヒヨコぐらいなので、

冒険がなかなかできていないのですが…^^;

 

もっと、腕を磨いて、構造的引き出しを出せれるよう

日々勉強です!

 

 

 

照明計画の研修へ…

こんにちは、小林です!

先日、照明メーカーさん主催の照明計画の研修へ行ってきました!

基本コーディネーターのお仕事の研修なのですが

照明もしかり、コーディネートも念頭に入れて設計をするのも

当たり前に、設計士の仕事と思っているので

時間が取れれば、設計にかかわってくる研修はなるべく出席しようと思っています^^

 

 

照明計画の研修は、これで2度目で毎度講師が違うのですが

やっぱり、照明計画を専門としている人の考え方や「感覚」というのは

新しい発見もあり面白いなと思いましたね!

 

照明の明るさは、個人的感覚があるので何とも難しいところがあります。

デザイン的意味では、機械的な照明器具をなるべく減らし、人の目につかないところに設置したい。

けれども、そうしてしまうと人によっては「薄暗い」と感じてしまいます。

作業を行う場所を局所的に明るくする方法もあります。

 

「明るさ・作業性」を優先するか「デザイン・雰囲気」を優先するか

お客様にとっても難しい選択ですね^^;

 

その時に、ネットなどに流れているお家のイメージ写真などで

「くらいなぁ」「このぐらいなら大丈夫そう」など

「感覚」を打合せで伝えてみてはいかがでしょうか?

 

次回の研修は

間接照明の研修なので、またお伝えします^^

 

断熱性能について

営業の斉藤です。

お客様からご質問があった、愛知県内において、断熱性能の程度を示す基準とされる「UA値」はどのくらいの数値があれば良いといえますか?について書きたいと思います。

Ua値はあくまで1つの指標なので、室温や光熱費等をどう計画したいか、どのくらいの金額がかかるか多面的に判断しながら決められた方が良いと思います。

当社ではUa値を求め、その数値を用いて室温や光熱費をシュミレーションできるソフトを使いながら設計を行い、いくつかの断熱性能ごとにお見積もりも作成することもあります

当社の標準的な仕様でUa値は0.55程になりますが、この数値は省エネ地域区分6地域だとZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の基準Ua値0.6とHEAT202020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会)が目標としているG1の基準Ua値0.56を上回る数値としています。他社だと2020年に義務化となる省エネ基準(次世代省エネ基準)Ua値0.86を上回る数値で設計されていることが多いので、比べると当社の基準はオーバースペックかもしれません。ですが当社がこの基準を目安にしているのは冬の室温について例を挙げると、室温15°を下回る部屋が20%程度で10°を下回る部屋はないため、室温もある程度高く居室間の温度差を抑えることができます。温度差が大きいと体に負担がかかりヒートショックなどの健康被害の可能性が高くなるので、その差をできる限り抑えるように計画し、より健康的に暮らせる家づくりを推進しているからです。

その数値が示している意味を納得しながら、金額も重要な判断項目の1つだと思いますので、バランスを取りながら金額も納得できる家づくりをされたほうがいいと思います。

近未来登場してくる!?キッチン

 

こんにちは、関です。

 

金木犀の良い香りにつつまれながら、お仕事をしています。

なんでこんなに美味しそうな匂いなんだろう。。^^

 

 

先日、設備メーカーのトクラスの工場見学へ行ったときに

近未来登場してくるであろうキッチンを見ちゃいました。

 

 

 

わかりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

人工大理石でできたキッチンカウンターが、ぐぃんってカーブしているではありませんか!

 

しかも、一見奥のシンクとカーブのカウンターしかない天板ですが、

 

なんと鍋を置けば、浮かび上がるLEDライト、、!

 

上には 18min と表示が。

 

よくよくみると、うっすらと円がかかれていて、この上に鍋をおくと

IHと同じ機能で使用できるみたいです。

 

不思議ですね~

 

 

でも調理したあとすぐに鍋をどかしてしまうと、どこが火元かわからずに

火傷してしまいそうですよね^^;

 

いつか、何年何十年後はここまですっきりとしたデザインになっていくキッチン。

 

 

キッチンに限らず、お風呂、トイレも短いスパンで新商品が発売されています。

 

数多くあるメーカーさんそれぞれのいいところや特徴を沢山見つけて、

満足いく設備選びをして欲しいです。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームエレベーターについて

営業の斉藤です。

先日お客様から問い合わせのあったリフォームでホームエレベーターを設置できるかについて書きたいと思います。

まず、費用的なことに関しては、設置費用としてエレベーター本体だけで200400万円と、建築工事で床を抜く等の内容により別途費用が必要になります。

参考として住宅新築した際にエレベーターを設置した場合は、本体と工事費合わせて230万円程でした。

次に維持費としては電気代が月500円程度と、義務で定期点検を年1回行い、その結果を行政に報告提出が必要になります。ただ、専門的な知識が必要なため、その定期点検と結果報告作成、提出等を含めメンテナンスを有料でメーカーが代行してくれます。その費用としては年5万円~10万円で部品交換等がある場合は別途費用がかかります。

次に、費用を抑える方法として、エレベーター本体はリフォーム対応型を選ばれると設置がしやすいので建築工事費が抑えらます。また、維持費を抑えるなら省エネ型のエレベーターを選べば電気代が抑えられます。

あと費用とは別で建築的なことに関してエレベーターが設置できるかどうか以下のようなことを確認する必要があります。建築基準法(確認申請の提出の有無、防火区画、構造計算等)に適法かどうかと、現状の構造がエレベーターを設置して荷重に耐えられるかどうか現地調査等を行い検討する必要があります。

もし、ホームエレベーターを設置検討されていればお気軽にご相談ください。

銀の森を散策

営業の鳴海です。

先日、岐阜県恵那市にある銀の森に行って来ました。
ここに来るのは初めてで、私的には癒しの空間といいますか、ゆっくりしたい気分に
なります。

 

 

 

 

 

 

 

食べる、話す、歩く、座る、くつろぐ、学ぶ、触れる、つくる、つながる、感じる、生きる、
少し歩こう。
頬に風を受け、足元に鼓動を感じながら、ゆっくり座ろう。
季節を充分楽しみながら、おいしいと楽しい発見が、今日もこの森に舞い降りますように、
恵那・銀の森で待っています。(銀の森HPより抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

中にはレストラン、お土産、和食、洋食、和菓子のお店など、ゆっくりできるお店が、ありました。

幼稚園最後の運動会☆

双子さん、幼稚園最後の運動会!
もぅそれだけでも泣けます。。
我が子の通ってる運動会は、年長さんは、本当に忙しいのです。
まずは、オープニングでピアニカ鼓隊として演奏。
そして組み立て体操。ピラミッドもやっちゃいます。
そして一番盛り上がるのは、年長全員参加のリレー。
二人とも一応足は速いほう。次男がクラス代表のアンカーに選ばれました。そして、アンカーの次男にバトンを渡すのは、長男!
双子でのバトン渡しという形を先生が作ってくれたようです。
結果は、残念ながら4組中4番目で前とだいぶ差がある中でバトンを受け取り、とても抜ける距離ではなく、アンカーの次男はすごく悔しそうな表情になりながらも最後まで走り抜け、ゴールで担任の先生が待ち構えて抱きしめてくれていました。
そんな様子に、私はとにかく涙。
二人とも最後までよく頑張りました。
ママは思い出すだけで涙が溢れます。

幼稚園生活も残り半年。最後の行事が次々と終わっていきます。
三男くんが産まれ急にバタバタとした生活になってしまい、二人をなかなか構ってあげられず申し訳ない気持ちもありますが、残り少ない幼稚園生活、行事に参加する姿を見逃すことなくしっかりと目に焼き付けたいと思います。

twins mama

リノベーションHOTEL

 

こんにちは、関です。

 

先日、金沢へ旅行に行ってきました。

 

今年の5月に、京都の学生寮をリノベーションしたホテルに泊まったんですが、

今回は金沢の古ビルをリノベーションしたホテルに泊まりました。

 

 

金沢駅から車で10分ほど走った、ひがし茶屋街のすぐ手前に建つホテルHATCHI。

 

目の前は大通りになっているにも関わらず、平日なのか、車通りは観光地の京都などに比べるとかなり少なめ。

 

ホテルのすぐそばの川に架かる橋の向こうが、観光場所のひがし茶屋街。

 

川沿いに並ぶ建物は、ほとんどが昔ながらの街並みで、

大きな ” 湯 ” の看板をかかげた銭湯があったり、割烹料理店が所々で良い匂いを放っていたり。

春には素敵な桜を咲かせるであろうしだれ樹が交差点に植わっていて、どこを見渡しても画になる、そんな素敵な立地。

 

 

ホテルの入り口付近では、アート活動をしている賑やかな方たちが

大きなキャンパスにペンキで画を描いていて既に異空間に引き込まれつつ、陽気な音楽の中をくぐりぬけると

そこはカフェとコーヒーショップとホテルのフロントが一体になった空間。

 

コーヒーを飲みに来る人もいれば、宿泊をして朝食を食べている人、

お土産コーナーでプレゼントを選んでいる人、

その多くが外国人でした。

 

リノベージョンホテルに共通しているのは、利用するユーザーの7割ほどが観光に訪れた外国人。

 

お洒落で、且つリノベーションホテルなのでコスパ最高。

プライベート空間を好む日本人とは反対に、シェアで満足でき、十分な設備が整うホテルには

多くの外国人が訪れるのです。

 

 

 

ホテル巡りをしているとつい目にいってしまうのが、いろいろな場所に使用されているロゴ。


 

 

 

 

 

 

 

 

ロゴって、すごく大切。その建物の雰囲気や印象を一瞬で決めてしまう。

 

住宅の打合せをしていると、なるべくトイレの印象を消す傾向が多いんです。

トイレを分かりやすくしてしまうと、どうしても生活観が出てしまいますよね。

きっと私が自分の家を建てる時でも、トイレを目立たせなくしてしまうと思いますが、

こういうロゴを見ると、センスの良さに惹かれて、使いたい!ってなるんですよね(笑)

 

おうちの表札と似ていますね^^

 

 


 

 

 

 

 

 

 

今回泊まったお部屋は、一番上の4階に1部屋だけある完全プライベートROOM。

アパートのようなグレーの扉の入り口に、401と書かれた真鍮のルームナンバー。

 

ホームページをみて一目惚れした内装は、実際に足を踏み入れると想像以上の落ち着く空間。


 

 

 

 

 

 

 

壁は2面のみ深いブルーのペンキで塗装されていて、

ベニヤと集成材で組まれた低めのベッド。

ベッドにはウッドアートでも人気で採用率の高い、神保電機のお洒落なコンセントスイッチ。

床は半帖の畳が市松貼りで並べられていて、和モダン。

照明は全体的に少なく、電球色で完全に雰囲気重視の配灯。

ブラインドの光が漏れて影になっているのも、デザインのひとつ。

 


 

 

 

 

 

 

洗面スペースは全て露出配管で、ステンレスのコンセントとアメリカンスイッチ。

洗面ボールは、カタログによく載っているものだけれど、

ここはモルタルで枠を囲われていて、デザイン性がかなり高め。

 

職業病なのか、すごく細かい部分にまで目がいってしまうし、

ついつい、どこのメーカーだろう、、って、確認しちゃうけど、

こういう所で良いアイデアを盗んでお客様との打合せに活かせたらなぁと毎回感じます。

 

新築だけではなく、リフォームを検討されているお客様も大歓迎。

コンセントをここに追加したいけど、壁を壊したくない、、、と言われれば、

上の写真のような、” 素敵に魅せる “ 方法を提案します。

 

ウッドアートスタジオでは、経験豊富なスタッフが沢山います。

私も日々いろんな場面で引き出しを増やしながら、お待ちしています。

 

 

 

今月もホテルブログが書けそう。お楽しみに。

 

 

木を伐採してスッキリ!

こんにちは、小林です!

今日は、午後から会社男性陣皆で大仕事!

大屋さんからのお願いで、現事務所にある大きな木を

思い切って伐採!

ものすごい立派な木なのでちょっと名残惜しい感じはしますが…


 

ひたすらノコギリとチェーンソーで枝を切り落としていきました^^

足長蜂がふらふらしていたので、巣があるのかなぁーと

警戒しつつ…

 

 

 


体育会系の工務が2人で木に登って

木を丸裸に!

 

枝が落とされただけでも

事務所の方へ風がすーっと抜けていきました。

 

 

常緑樹で

年中、葉っぱが生い茂っていたので

年中風は遮られて日も入らない状態でした。

 

風が抜けたり日が入るところには

やっぱり常緑樹ではなく、広葉樹がお勧めですね^^

 

夏は茂って、日を防いでくれて

冬は葉っぱが落ちて、日を入れてくれて。

 

家と一緒に、植栽も考えるのは結構大事なことです^^

 

すっきりした現事務所も今年度いっぱい。

来年からは新しい事務所へ移転。

 

名残惜しいですが、あとほんの数か月、ここでのお仕事がんばっていきます^^

~木・百年の想い~
愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ
愛知県岡崎市・豊田市の注文住宅の工務店ならウッド・アート・スタジオ
〒444-2123 
愛知県岡崎市鴨田南町2番地15
TEL 0564-73-2377
FAX 0564-21-3623

ページトップに